七つ屋志のぶの宝石匣(10)

七つ屋志のぶの宝石匣(10)二ノ宮知子 (著)
出版社: 講談社 (2020/2/13)
これ以上苦しめたくないからと、乃和に菖蒲のことを聞けないでいる顕定。
見かねた鷹は「彼女のことが好きなのか」と顕定を問い詰めるが…?
一方、顕ちゃんへの自分の想いが恋心なのかどうか確かめたい志のぶが、思い切った行動に出て…?
鷹と乃和、顕定と志のぶの関係性に、大きな変化が訪れる!!

コメント