ペリリュー ─楽園のゲルニカ─ 7

ペリリュー ─楽園のゲルニカ─ 7武田一義 (著), 平塚柾緒(太平洋戦争研究会) (著)
出版社: 白泉社 (2019/7/29)
堪へ難キヲ堪へ忍ヒ難キヲ忍ヒ――。昭和20年3月某日、平穏だった日々は一変する。日本兵の隠れ場を狙い撃った米軍の襲撃。多くの仲間を失った長い1日を生き延びた田丸らは、再び日常を取り戻すべく、立て直しを図る。そして迎えた同年8月15日。日本という“国”は戦争を終えた。では、ペリリュー島で生き残った兵士の“戦争”は――!? 来るはずのない反攻の日。その日を待ちながら、生きる。戦場で過ごした若者たちの“青春”――真実の記録。

コメント